お客様相談室

弊社では、契約翌日を基本として、お客様相談室社員より契約していただいたお客様に対して確認のお電話をかけさせていただいています。これは、お客様に必要事項を確認するためになされ、弊社の消費者全般に対する保護政策の一つです。現在、神戸本社及び横浜にお客様相談室が設置されておりますが、この電話連絡は専ら神戸本社同相談室にて実施されています。契約者の居住地域、金額の多寡、契約の内容を問わず、弊社と「新規の契約」を締結した全ての「契約者」がこの電話連絡の対象となり、直接契約者より下記内容の質問・ヒアリングを行っています。

※なお、契約者の他に同意者が存在する場合は、この同意者にも同様に電 話連絡を実施いたします。


電話での主な確認内容
  1. クーリングオフの説明など、契約の勧誘・締結において、必要な事項の説明を担当者が行っているかどうか。
  2. 契約内容に関する不明点や疑問点がないかどうか。もし、これがあった場合にはその場で即時回答する。
  3. 現時において契約継続の意思があるかどうか。また、契約継続の意思がない事が判明した場合には、この電話においてクーリングオフを受諾することを告知し、その意思を確認する。
  4. 3においてクーリングオフの意思を表示した契約者に対しては、これを受諾した旨を明確にすると共に、あくまで事後処理の都合によるものであるが、クーリングオフの旨を記入した葉書の送付を依頼する。

また、特に高齢者に顕著な傾向ではありますが、営業担当者への信頼、自ら契約を翻す事への後ろめたさから、クーリングオフの意思表示を出来ない方も少なからずいらっしゃいます。
弊社からの電話による働きかけを行うことで、かような高齢者の解約意思をスムーズにくみ出すという実質もあります。消費者全般の保護対策のみならず、高齢者保護対策ともいえるでしょう。

お客様の生活時間帯の都合により、不在であったお客様に数度のお電話を試みなければならないこともありますが、現在この電話連絡実施の達成度はほぼ100%です。

ご高齢者のお客様へのご説明と確認
ホームメンテナンスクラブ入会に際しまして、ご高齢のお客様には必ずご説明と確認をさせていただき、「確認書」に署名いただいております。ご高齢のお客様の工事契約にはお客様相談室社員が直接訪問し、ご意思の確認と契約に至った経緯等の確認を行っています。
その際、期間内であれば工事終了後でもクーリングオフは可能です。